茨城県の葬儀のしきたりについて

subpage01

茨城県といえば納豆で有名な場所ですが、茨城県独自の葬儀のしきたりがあると言われています。

茨城の葬儀に関する情報満載です。

一般的には通夜から告別式・火葬という流れですが茨城県では通夜の前に前火葬を行ない、告別式後にすぐお墓に納骨するという風習が残っている地域が少なくないと言われています。

これはかつて多く行なわれていた土葬の名残と考えられています。また、最大の特徴は独特な出棺の儀式と言われています。

出棺時や出棺後に葬儀を行なった部屋をほうきで掃くときに竹ざるを転がして土間や庭に掃き出すざる転がしという儀式が行なわれます。これには死霊や邪気のみを掃き出して目の粗いざるを退散させるといった意味があると考えられています。
県内の一部の地域では出棺時に捲き銭といった半紙で小銭を包んだものを参列者にばらまくことがあります。これには捲き銭を拾うと故人のように長生きできるとされ高齢者の葬儀で見ることができると言われています。
県の南部では香典を3回出す習慣があるとも言われています。

故人が亡くなった直後の病気見舞い、通夜のときの通夜見舞い、葬儀では香典として納めると言われており、故人の生前にお見舞いに行けなかった気持ちを訃報を知ったときにすぐに届けるという習慣から来たと言われています。

T-SITE関連の情報をたくさん掲載しています。

また、通夜振る舞いでは寿司や煮物の代わりにお餅やおこわが並ぶのが一般的と言われています。
以前は日本酒も振る舞われていましたが、飲酒運転を回避するために現在では持ち帰りにしていると言われています。