茨城における葬儀について

subpage01

亡くなった人を遺族やその他世話になった人々が弔う儀式となる葬儀のありかたについては、全国的に共通している要素はもちろんあるものの、いくらかの地域性がみられることも多いといえます。

茨城の葬儀に関する良い情報をご紹介するサイトです。

茨城県内での葬儀についても、他の地域にはみられないような特色や習慣があったりします。

goo ニュースは評判がとっても良くて有名です。

茨城県内の場合は、地域の人々の結びつきとして、自治会や町内会、さらにその下部組織としての班や組などが組織されていることが多く、葬儀についても、このような地域の人々の手伝いによって支えられることが多くなっています。

茨城県内でも、通夜や告別式を行い、それぞれ焼香や読経があるのは全国で一般的になっている内容のとおりです。

しかし、出棺に関しては、地域の人々が六尺とよばれる担ぎ手として関与し、棺を搬出するにあたって左回りに回すなどの独特の風習が残っていることがあります。



また、茨城県内でも一部の地域には、仏教の形式ではなく、神道の形式によって、葬儀を執り行うことにしているところがあり、全国的にもめずらしいものです。この場合は、神社にけがれを持ち込まないという意味で、神社ではなく、自宅か葬祭ホールに神職を招いて行います。

通夜にあたるものは通夜祭、告別式にあたるものは神葬祭とよばれ、参列者は塩や手水をもって身を清めるほか、焼香は行われず、かわりに玉串を捧げて哀悼の気持ちをあらわすことになっており、他の地域から訪れる人にとっては、作法がわからない可能性もあります。