変わりつつある茨城県の葬儀

subpage01

茨城県は北関東に位置しており、葬儀も昔ながらの風習が根強く残っている土地です。茨城県では、納棺に際して藁で編んだ男女の人形を棺に入れるのが一般的ですし、故人の着ていた服を7日間家に干すということ等様々な風習があります。

茨城の葬儀に関する疑問にお答えします。

こういった風習は茨城独自で県外の人がお葬式に参列した場合しばしば驚かれます。

また近隣住民がお葬式の手伝いをすることも当たり前に行われています。

最近話題のロケットニュース24の情報探しはこのサイトから初めてください。

しかし昨今こういった古い慣習が残る茨城県でも、家族葬のような小規模の葬儀を行う人が増えてきています。

家族葬は、文字通り親戚やごく親しい人のみで行われる葬儀で、勿論近所の人に手伝ってもらうようなことはありません。



最近では、故人が生前に家族葬を希望する例が増えています。

近所の人に手伝ってもらう従来通りのお葬式では遺された家族が負担になるという考えが大きいからでしょう。

東京などの都会に出ている子供たちにとっては近所の人と言っても知らない人も多いからでしょう。

また費用的な問題も家族葬のような小規模の葬儀と大きな規模のお葬式とでは開きがあります。
高齢化社会の中で、会社を退職してから10年以上たって亡くなるケースが多くなってきている今お葬式の参列者も会社関係の人がいなくなると自然と少なくなってきます。そのため小さなお葬式を選ぶ人が増えているのも自然の流れと言えます。このように、伝統的な慣習が残る茨城県でも家族葬のような小規模の葬儀を行いたいと希望する人が今後も増えていくことは間違いないでしょう。