通信関連の無線LANの上手な選び方

無線LANの選び方は通信関連においてとても重要なポイントです。



部屋の間取りにあわせてWi-Fiルーターを選択する選び方は一番簡単な方法となります。


通信関連の無線LANのメーカーカタログを見てみると、例えば3LDKの部屋に対応しているものがあります。



この場合あくまでも参考としている広さなので目安にしかなりません。基本的にWi-Fiルーターは性能が高ければ高いほど遠くまで電波が飛ぶということになり、突然速度が落ちることもありません。

大は小を兼ねるということで、3LDKの部屋であれば4LDK向きのルーターを使うことはなんら問題がないです。


基本的にWi-Fiルーターを部屋の真ん中に置いた場合で計算されているので、広い家の隅っこにルーターを置くとまた違った結果になります。


通信関連の無線LANは選び方がとても大切になりますが、広い範囲に届くモデルを選んで置くと余裕もあるので安心です。
一戸建ての場合も建物の中心部にできるだけ当たるように設置します。



もし建物が3階建であれば2階の中心部におきます。無線LANの電波は基本的に親機から離れれば離れるほど弱くなる性質があります。


例えば3LDKのマンションに3LDK向けのモデルを使うとして、それが部屋の隅まで届くことになっても家の隅の方では通信速度が遅くなったり途切れることもあります。

親機から離れている部屋で高速通信をする場合は、電波の強いモデルを選ぶことも可能です。