通信関連に適切な無線LANの選び方

インターネットの普及は私たちの生活を大きく変えてきました。

検索エンジンサービスによるさまざまな検索はもちろんのこと、商取引や金融関連などの経済活動、メールやSNSなどのコミュニケーション手段など、インターネットから受ける恩恵は計り知れないものがあります。


情報を伝達するための通信関連技術の進歩も、これらの普及に一役買っています。光ファイバーによる高速で大容量の通信の実現、プロバイダー間のサービスと価格競争の激化、スマートホンやタブレット端末の高性能化と低価格化が、恩恵の後押しをしてきました。



ユーザーにとっては、低価格で高性能なものを手に入れるための選び方が増えたきました。
屋外では4Gによる回線で、屋内は家庭内のLANでインターネットに接続をすることがほとんどです。



屋外通信はこれからさらに大容量の5G回線の実現が期待されています。


家庭内でのLANは当初は有線が主流でしたが、スマートホンやタブレット端末の普及によって無線LANが標準になる勢いです。



無線LANには様々な方式があり、選び方で高速通信関連の恩恵にあやかることができるかが決まります。
密集した家屋や集合住宅では無線LAN機器の乱立で混信が発生し、通信関連の速度低下が発生してしまいます。
この解決策としては、従来からある2.4GHz帯域の電波ではなくて混信に強い5GHz帯域の製品を用いることで混信や速度低下の心配がなくなります。
さらに適切な通信規格の選び方として、従来からあるIEEE802.11bやIEEE802.11gではなく、11nや11ac規格にすることで安定した高速度での通信が可能になります。