茨城県内で執り行う葬儀について

subpage01

葬儀は冠婚葬祭とよばれるもののなかでも、地域による違いが特に大きな儀礼であるといえます。

茨城県内で執り行われている葬儀についても、そのような地域に特別な要素があるいっぽう、全国的に共通の要素もみられます。
茨城県内の葬儀の基本としては、通夜と告別式にわかれていて、特定の菩提寺から僧侶を導師として招き、読経、焼香、そして喪主によるあいさつなどの内容が織り込まれています。
ただし、これらは仏教式が基本であるとはいえ、茨城県内の場合には、神道形式で執り行われる地域もみられます。神道形式の場合は、通夜や告別式にあたるものはたしかにありますが、通夜祭や神葬祭などの呼び方がされており、僧侶のかわりに神職が祭詞を霊前で上げるのが大きく異なっています。

茨城の葬儀情報選びに特化したポータルサイトです。

そのほかには、亡くなった人の地域から選ばれた人々が棺桶をかつぎ、棺桶を左回りに旋回させるなどの特別な習慣がある地域もあります。

朝日新聞デジタルに有効な情報の紹介です。

これらは現代では自治会や町内会の人々が手伝いとして担う役割になりますので、もしも自治会などに加入している場合には、近所の葬儀の手伝いをして、助け合いによって運営することになります。


茨城県内での葬儀は、家庭や親戚のほか、地域や会社の人々も総出で参列するのが一般的ですが、近年では家族葬などの小規模な儀式を執り行うこともあります。



家族葬は、家族や親戚、そして親しかった友人程度の内輪だけで行う小規模な儀式のことであって、関東方面では盛んです。

葬儀の情報まとめ

subpage02

葬儀のありかたは地域性が大きなところがありますが、現在では全国各地に専門の葬儀社ができており、ある意味におけるスタンダードな儀式の流れが確立されています。そのため、あまりにも特殊な習慣が残っていることは、まれになってきていますが、一部に独自の習慣が残っているケースもあります。...

NEXT

葬儀が気になる方

subpage03

亡くなった人を遺族やその他世話になった人々が弔う儀式となる葬儀のありかたについては、全国的に共通している要素はもちろんあるものの、いくらかの地域性がみられることも多いといえます。茨城県内での葬儀についても、他の地域にはみられないような特色や習慣があったりします。...

NEXT

葬儀をもっと知る

subpage04

茨城県は北関東に位置しており、葬儀も昔ながらの風習が根強く残っている土地です。茨城県では、納棺に際して藁で編んだ男女の人形を棺に入れるのが一般的ですし、故人の着ていた服を7日間家に干すということ等様々な風習があります。...

NEXT

ためになる葬儀

subpage04

茨城県といえば納豆で有名な場所ですが、茨城県独自の葬儀のしきたりがあると言われています。一般的には通夜から告別式・火葬という流れですが茨城県では通夜の前に前火葬を行ない、告別式後にすぐお墓に納骨するという風習が残っている地域が少なくないと言われています。...

NEXT