茨城県内の葬儀と習慣

subpage01

葬儀のありかたは地域性が大きなところがありますが、現在では全国各地に専門の葬儀社ができており、ある意味におけるスタンダードな儀式の流れが確立されています。

茨城の葬儀情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

そのため、あまりにも特殊な習慣が残っていることは、まれになってきていますが、一部に独自の習慣が残っているケースもあります。

茨城県内の葬儀についても、全国的に執り行われているものと、それほど違いがあるわけではありませんが、たとえば通夜、告別式の際に、参列している人に受付で配布される、清めの品物のなかに、独特のものが含まれています。一般的には清めといえば塩ですが、茨城県内では、塩のほかにも、鰹節が登場することがあります。
これを口に入れるか体にふりかけるなどの所作をして、清めとしますが、もともと塩と同じく海の幸の一種であり、神前に供えられることも多いところから、清めにも利用できる連想が生まれたものとみられています。

毎日新聞情報を利用してみませんか?

また、茨城県内の場合、一部には神葬祭とよばれる、神道形式での葬儀が執り行われることがあります。
この場合には、僧侶のかわりに神職が自宅や葬祭ホールなどに派遣され、読経のかわりとして祭詞を読み上げて儀式を執り行います。



塩を焼香のように手でつまんで清めの所作をしたり、玉串を霊前に捧げて焼香のかわりとしたりするところも、仏教式と似ている点はあるものの、内容としては大きく異なっている点といえます。

これは、皇室や伝統的な日本文化を重んじる水戸学がこの地域で発展したこととも関連するところといえます。